ISO審査機関 DQS Japan Inc.

審査の特色

新規登録をお考えの方

審査登録機関の変更をお考えの方

複合審査・統合審査をお考えの方

規格のご紹介

Webセミナー

セミナーのご案内

マネジメントシステム認証機関・マーク

ISO/TS16949情報集

ISO/TS16949全社統合をお考えの方

よくある質問(FAQ)

セミナー申し込み

お見積り

お問い合わせ


DQS Japan Inc.

TEL : 03-6402-8770

東京都港区芝大門2-6-6
芝大門エクセレントビル9F

カスタマーサービス
TEL:03-6402-8770

ISO/IEC 27001(ISMS:Information Security Management System)

ISMSとは

個別のセキュリティ技術対策の他に、マネジメントとして組織自らのリスクアセスメントを行い、必要なセキュリティレベルを決め、PDCAサイクルにてシステムを運用する、国際的に整合性のとれた情報セキュリティマネジメントに対する第三者適合性評価制度です。組織の資産を特定し、それらの資産が持つリスクを洗い出し、リスクを軽減する対策を行うことによって、組織のセキュリティを高めます。

ISMS認証相関図(利害関係者)対象とする組織の資産範囲は、情報資産・ソフトウェア資産・物理的資産・サービス資産・人的資産・無形資産・営業ノウハウ等と幅広く、プライバシー、機密、情報技術におけるセキュリティ問題などをカバーしており、あらゆる規模と形態の組織に適用可能な規格です。

ISMS(ISO/IEC 27001)ではリスクをゼロにすることは求められませんが、組織として許容できる範囲のリスクかどうかの判断を経営陣が行ったうえで、限度以上のリスクについて許容範囲までのリスク軽減の対策を、機密性・完全性・可用性とのバランスを維持しつつ講じ、それが実行されているのを管理することが可能となります。

DQS JapanのISO/IEC 27001審査登録プログラムは、以下の各国の認定機関から認定を受けております。
JIPDEC (一般財団法人 日本情報経済社会推進協会)

情報セキュリティとは

組織が保護すべき情報資産について機密性・完全性・可用性(CIA)をバランスよく維持し改善すること。

  • 機密性(Confidentiality):アクセスを認可された者だけが情報に確実にアクセスできること
  • 完全性(Integrity):情報資産が完全な状態で保存され、内容が正確であること
  • 可用性(Availability):情報資産が必要になったとき、利用できる状態にあること

ISMS認証取得のメリット

  • 効率的な情報セキュリティ対策(情報漏洩対策)の確立
  • 従業員のセキュリティ意識の向上、及びコンプライアンスの徹底
  • コーポレートガバナンス(内部統制)の確立
  • 事業継続対策
  • 対外的な信頼性のPR

ISMS認証機関としてDQS Japanが選ばれる理由

  • お客様のビジネスパートナーとして、無駄を省き経営に役立つ審査を心掛けます
  • 世界60ヵ国80都市に広がるグローバルネットワークでも高い信頼性を保有しています
  • 高い専門性を持ったIT実務経験を有する審査員が対応します

DQS JapanのISMS審査登録プログラムは、製造業や流通業等、様々な業界の皆様にあった効果的な審査を心掛けます。


上へ戻る


サイトポリシー │ 個人情報について会員用サイト